• ホーム
  • ヘルペスを発症しないための対策は?日常生活で注意すべきこと

ヘルペスを発症しないための対策は?日常生活で注意すべきこと

性器や口唇ヘルペスなどを発症しないようにするため、いくつか対策をとることができます。例えば単純ヘルペスを再発しないよう、抵抗力を高めることが大切です。身体の抵抗力を高めることによって、再発しにくい体質にすることができます。栄養バランスのとれた食事をとったり、ストレスが少ない生活をおくると効果的です。紫外線は単純ヘルペスが再発する原因になるので、紫外線の強い夏場は日焼け止めクリームを肌に塗り、帽子などをかぶって紫外線対策を行うことをおすすめします。口唇やその周辺にできる水ぶくれにはたくさんの数の単純ヘルペスが集まっています。水ぶくれが破れることによって他人の皮膚や粘膜など付着すると、簡単に感染してしまうので注意が必要です。単純ヘルペスは感染力がとても強く、キスするだけで感染し接触した身体の部位に次々とうつっていくでしょう。患部に触れることを避けたり、患部に触れたバスタオルや歯ブラシといった洗面用具は他人に使用させないようにし、もし患部に触れたらすぐ洗浄しましょう。性器ヘルペスの場合、性交時においてコンドームを使用すると効果的です。

対策として、もし再発したら抗ウイルス成分を含んでいる市販の治療薬を利用すると症状を改善することができます。そのまま放置していると、傷あとや後遺症などが残るかもしれません。子供が水ぼうそうになった時は小児科や内科を受診し、帯状疱疹や単純ヘルペスなどに感染した時は皮膚科などで診察を受けましょう。一度ウイルスが感染すると身体に住みつく特徴があり、発熱や過労・ストレスといったことで免疫力が低下した場合に再発を繰り返します。強い紫外線を浴びるとウイルスが再活性化してしまい、再発することも多いです。

水痘や帯状疱疹ウイルスなどの再発で起きる帯状疱疹は一生に一回と言われていますが、単純ヘルペスで生じる口唇ヘルペスは再発を繰り返す傾向があります。特に女性の場合再発することが多く、男性の3倍とも言われています。女性の場合は特に生理と関係していて、生理前はお肌が荒れたり体調が悪くなる人が多く身体の免疫力が下がっている時期になるので注意が必要です。ウイルスが再活性化しやすい時期になっているので、生理前は休息をとったりリラックスした状態を整えるようにしましょう。規則正しい生活をおくるよう意識し、バランスの取れた食事をとったり、適度に運動して体力を維持することが大切です。