• ホーム
  • 性器ヘルペスの感染経路は性交渉だけとは限らない

性器ヘルペスの感染経路は性交渉だけとは限らない

悩む男性

性器ヘルペスの感染経路として性行為があげられます。しかし性行為に近い行為だったり、他人の唾液や咳・くしゃみなどによって感染するケースも少なからずあります。偶然口や目などに入ったりしても感染することもあり、消毒処置が不十分なままピアスの穴をあけるなど、性器ヘルペスなどのSTD(性病)には注意が必要です。性行為のパートナーが原因とは言い切れないので、性行為とは関係なく知らない内に自分が何かしらの性病になっているかもしれません。性器ヘルペスは有名で、他にはクラミジア感染や梅毒、細菌性膣症やB型肝炎などがあげられます。日本で頻度が高いのは性器ヘルペスやクラミジア感染・梅毒などになります。

基本的に性器ヘルペスの場合ヘルペスウイルスによって発生する仕組みで、唇や周囲に水疱ができて痛みを感じたり、かゆくなるでしょう。口唇ヘルペスは疲れている時や体調の悪い時に現れやすいです。性器ヘルペスもよく似ていて、一般には無症状が多いのですが疲れていたり体力が落ちていると発症しやすくなります。男性の場合、2~10日間潜伏期の後に発症することが多く、性器のかゆみや水泡が生じることが多いです。破れると潰瘍になり排尿時に痛みがあり、性器ヘルペスの場合オーラルセックスなどによって感染することもあるので、口唇ヘルペスと同じように再発するケースがあるので注意が必要です。オーラルセックスによって口腔や咽頭などに感染することが多く、口腔や咽頭粘膜などは傷がつきやすくなっているので感染が容易です。感染しなかったり感染を広めないためにも、不特定多数のパートナーを持たなかったり性行為する際コンドームを着用することをおすすめします。

感染経路として性行為が主ですが、中にはタオルや手などを介して感染することもあるので注意が必要です。女性の場合は外陰部や膣などに赤いブツブツができたり、潰瘍ができることがあります。人との接触で感染することが多く、多くは性行為から感染しますが中にはトイレやタオルを共用することによって感染するケースもあるので注意しましょう。オーラルセックスでも感染するので、口唇ヘルペスがある人は要注意です。ウィルスが付着している手やタオルなどが性器に触れたり、口唇ヘルペスに触った手で性器を触ると感染する可能性があります。湯船に入るだけではうつらないですが、タオルや手などを介して二次感染を起こすリスクがあります。特に水泡が破裂すると感染力が強いので、家族とは別のタオルを使ったり、トイレを行った後は除菌しておくと安心です。