• ホーム
  • 性器ヘルペスの治療は病院のどの科で受けられる?治療方法の内容は?

性器ヘルペスの治療は病院のどの科で受けられる?治療方法の内容は?

もしヘルペスにかかったら、一般的に皮膚科の病院をおすすめします。性器ヘルペスなどの患部が性器周辺の場合、男性なら泌尿器科を利用し女性なら婦人科などの病院が良いでしょう。口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどは患部を触ることによって、他の部位にもうつすリスクがあるので注意が必要です。ピリピリしたりチクチクしたり、ムズムズするような前兆を感じたら早めに受診することをおすすめします。

性器ヘルペスの治療方法として、ウイルスの増殖を抑制する抗ヘルペス薬を利用することが可能です。抗ヘルペス薬は塗り薬と飲み薬などがあり、症状が酷い場合病院に入院したり点滴注射するなどの治療方法もあります。ヘルペスは身体において潜んでいたウイルスが逆戻りして症状が起きるので、飲み薬でウイルスの増殖を抑制するのが有効的です。口唇ヘルペスや性器ヘルペスが再発する場合、ピリピリしたり、チクチクしムズムズするような前兆があるので早めに受診し治療を受けることによって改善することができます。強い痛みに対して鎮痛剤を投与する治療方法もあり、皮膚の帯状疱疹が完治した後に残っている帯状疱疹後神経痛の場合、少し状況が異なります。帯状疱疹後神経痛はウイルスにより神経が破壊されることが原因で、抗ヘルペス薬はウイルスが増加することを抑える薬になるので、ウイルスが活動しない時期における痛みを除去することはできません。傷ついた神経を完治するのは困難で、長期間治療しなければいけません。帯状疱疹後神経痛などが残らないよう、できるだけ早く病院で診てもらいましょう。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスの場合、患部を触ると他の部位にうつすリスクがあります。ムズムズしたり、ピリピリするので気になって触ってしまうケースがあるので注意が必要です。大切なことは患部に触れた指などで目を触らなかったり、患部に触れた後や外用薬を塗った後しっかり手を洗うことが大切です。コンタクトレンズなどを唾液で濡らし装着しないことが重要で、もし目に感染し発症すると失明する危険性があるので注意しましょう。水ぶくれは破らないようにして、医師に相談することをおすすめします。性器ヘルペスは再発しやすい特徴があり、年6回以上再発する人には抑制療法と呼ばれている治療方法が認められています。これは頻繁に再発を繰り返す場合、再発を抑えるため何かしら症状が出ていない時に抗ヘルペス薬を服用し続ける治療方法です。苦痛や悩みなどを軽減することができ、再発に悩んでいるようなら病院を受診してみましょう。