• ホーム
  • 性器ヘルペスの症状とは?からだの抵抗力が落ちると再発も

性器ヘルペスの症状とは?からだの抵抗力が落ちると再発も

ウィルス

性器ヘルペスは感染してしまうと、ウィルスが体内に潜み抵抗力が落ちた際に再発することが多い病気です。年齢が高くなればなるほど有病率が高くなっていき、感染するウィルスの種類によって1型と2型があります。口唇ヘルペスは1型で性器ヘルペスは2型と言われていましたが、オーラルセックスによってこの1型と2型の境目が薄れつつある傾向です。ウイルス感染症として治療することによってコントロールできる病気になっていて、基本的な治療を行っていると症状を改善することができます。

性器ヘルペスになると性器において水泡や腫れ、痛みやかゆみといった不快な症状が起こり、初めての感染の時症状が強く出ることが多いです。中には全身の倦怠感やリンパ節の腫れなどを起こす人もいるので注意が必要です。発病した後たいてい1~2週間ぐらいで症状は治まりますが、早めに病院に行くことをおすすめします。性器ヘルペスは何度も再発するケースがある病気で、年に1~2回だったり毎月再発するような人もいるでしょう。再発を繰り返す内に症状が軽くなることが多いですが、症状が軽くなると自分では気づかない内にパートナーにうつしていたり、性器を触った後手で目をこすると角膜炎を起こすケースもあります。

性器ヘルペスは皮膚病というより神経におけるウイルス感染症として対応しなければいけません。ウイルスを治療するため抗ウイルス薬を服用することになります。体内に侵入したウイルスは神経の奥深くに入っていて、脊髄近くの神経節などに居着いてしまうことが多いです。そのため普段休眠状態ですが風邪をひいたり、疲れるなど、身体の抵抗力が落ちるとよく再発する人がいます。女性の場合生理前後の体調不良などによって再活性化することが多く、皮膚表面に現れてくるケースがあります。自覚症状として皮膚の裏側からチクチクと刺されたような痛みだったりかゆみから始まり、性器の皮膚が赤く腫れたり水泡や潰瘍などに発展する仕組みです。再発の場合はこのような目に見える症状が現れないケースもあり、再発していることに気づかないこともあるでしょう。そのような場合ウイルスが体内において排泄されているケースがあるので、これをウイルスの無症候性排泄と呼んでいます。このような際に性行為によって、パートナーにうつすリスクがあるので注意が必要です。症状の重さに関係なく再発した時も積極的に抗ウイルス薬を服用することによって、再発や無症候性排泄などを予防することができます。