• ホーム
  • STDは検査キットで手軽にセルフチェックできる!検査キットの使用方法

STDは検査キットで手軽にセルフチェックできる!検査キットの使用方法

性器ヘルペスや口唇ヘルペスなどいろいろな性病がありますが、性病(STD)は検査キットで手軽に自分でチェックすることが可能です。気なる症状があるけれども、病院に行くのは抵抗があったり、病院に行く時間がない人におすすめです。自宅においてSTDを検査することができる検査キットがあり、誰にも気づかれずに確認することができるでしょう。いろいろな検査キットがあり、インターネットを利用して依頼することが可能です。基本的に保険証は不要で、記録に残ることがありません。安全・安心して検査キットを注文することができ、受取場所や受取方法などを選択することができます。自宅のポストで受け取ったり、宅急便で受け取るなどさまざまです。中身が分からないプライベート梱包を利用することができ、家族はもちろん配送業者の人も分かりません。

もしかしたら感染しているのではないかと不安に感じている人におすすめで、近年ブライダルやマタニティーチェックとして利用する人が増えています。いろいろな項目について検査することができ、例えば男性の場合、淋菌やクラミジア、トリコモナスなどを確認することが可能です。依頼すると検査キットが郵送されるので、検査申込書や返信用封筒、問診票などが入っています。採尿キットや陰茎表皮擦過物キットなどが含まれていて、採取時の注意点として起床した直後の出始めの尿を採取します。陰茎表皮擦過物を採取しますが、入浴前に採取すると良いでしょう。男性の場合最も多い自覚症状として、排尿痛や尿道からの分泌物、痒みや違和感などがあげられます。尿道炎のような症状が多く、淋菌性尿道炎やクラミジア性尿道炎などが多いです。

女性の場合、B型肝炎やC型肝炎、淋菌やクラミジア、トリコモナスやカンジダなどを検査することが可能です。膣分泌物を採取したり、子宮頸がんの場合は子宮頸部擦過物を採取します。うがいした液を採取しますが、簡単に利用することが可能です。女性の場合性感染症の症状はとらえにくくなっていて、おりものなどで判断することが多いですが正常な状態でも分泌物はあり、周期によって質や量は絶えず変化するものです。どこからが正常なおりもので、どこからが異常なのか腺引きするのが難しいケースがあるでしょう。膣分泌物などの検査によっていろいろな性病を把握することができるので、いつもと違う感じがしたら一度検査キットを試してみることをおすすめします。